イルカの自由日記TOP ≫  天気予報 災害 ≫  台風30号 フィリピン セブ島・マニラの被害動画

台風30号 フィリピン セブ島・マニラの被害動画

台風30号 フィリピン セブ島・マニラの被害動画

猛烈な台風30号 フィリピンを直撃 
3人死亡、約69万人が避難(13/11/08)


台風30号 フィリピン
セブ島・マニラなどで甚大な被害


フィリピンを襲った台風30号は、
セブ島・マニラなどに大きな被害をもたらしている。

死者の数は、発表するたびに増え、
1万人を超えるのではないかという声も聞かれる。

フィリピンへの支援や募金活動も刻々と報道されている。
日本では、フィリピン救援に海自最大搭載護衛艦「いせ」など
3隻をはじめ、約1千人を派遣する計画を明かした。

ほかに輸送艦「おおすみ」、補給艦「とわだ」、ch47輸送ヘリ3機、
C130輸送機などの派遣も予定。 おおすみは沖縄周辺海域で予定
していた離島防衛訓練への参加を急遽中止して準備に入ったという。

未曾有の台風30号、フィリピン直撃
猛烈な台風ハイエン、フィリピンに上陸



最大瞬間風速は90メートル
とは、どのくらい?


最大瞬間風速は90メートルとは、
どのくらいなのだろうか?

おそらく立って歩けず、這うことも容易ではないだろう。
今から約半世紀前に、紀伊半島から東海地方を襲った
伊勢湾台風というのがある(1959年9月21日)

その時命拾いをした人が、こう語っている。

「木造が大きく揺れて、倒れるだろうと思った。
その家のおばあさんは、積んであった藁に頭を突っ込み
“ナムアニダブツナムアミダブツ”と拝んでいた。

お尻が屋根の下に出ている。
瓦が飛んできて危ないのに、頭隠して尻隠さずだった。
途中で青空が見えた。これが台風の目であった。」

伊勢湾台風を現在の台風情報で再現してみた


この時の風速は、50メートルくらいだったと思われる。
(最大瞬間風速は約70メートルとされる)
フィリピン台風30号の最大瞬間風速の約半分の風速だ。

その程度で、木造家屋が倒壊すると思ったという。
そのことから判断すると、日本の家屋より
強度が劣ると思われるフィリピンの木造民家は
ほぼ、全戸全壊と考えて良いのではないか?

筆者も伊勢湾台風を体験しているが、
それと比較しての感覚からすると、

フィリピンの台風被害は、まだまだ
日を追うごとに拡大するのではないかと思われる。

汚水による感染症、物資の強奪・暴動、
下手をすれば、餓死者も出るのではないか?

今年最強台風30号 フィリピン直撃
瞬間最大風速90m 2013/11/8



コメント
コメント投稿フォーム:
 [必須]
 [必須]
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。