イルカの自由日記TOP ≫  美容・健康

美容・健康

小保方晴子さんのstap細胞で、政治家の心を初期化せよ!?


否定にめげず、実を結ぶ 理研リーダー小保方晴子さん

小保方晴子さんのstap細胞で
政治家の心を初期化せよ!?
(中段以降)

stap細胞の海外の反応
韓国の反応は?


小保方晴子さんのstap細胞の論文が発表されて、大騒ぎだ。
中には、stap細胞をstep細胞と間違えて表記しているものもある。

stap細胞の海外の反応も良好だ。
日本に何かと批判的な韓国の反応はどうなのか?

stap細胞の韓国の反応は、
悔しいとか嫉妬心がないとは言えないが、
ネット上では、韓国の若者の素直な意見が多いようだ。

韓国ネットでの韓国人のコメントを見てみると、例えば、

「韓国が発展しない理由は、他人の偉い部分を学ぶことを考えず、
いつか批判して引き摺り下ろそうとして、精神勝利をしようと
するから。でも現実はドブで、格差はさらに広がる。
このままじゃチャンケの植民地にされる運命。涙」

「日本に劣等感を持ってはいけません。
日本は経済力でも国防でも大学ランキングでもノーベル賞でも
いつも韓国よりも優れていて、それは認めよう。」

「日本の科学者:職人技の研究精神
韓国の科学者:論文ねつ造、リベート、
ノーベル賞の季節になると国のせい」

http://blog.livedoor.jp/oboega/archives/36758981.html

などなど・・・。
若者は素直で凝り固まっていない。
韓国の若者の言葉に共感を覚えた次第。

stap細胞で、政治家の心を初期化せよ!?

stap細胞とは何か?
stap細胞とは、初期化された細胞のこと。
つまり、目や足や耳になる前の細胞らしい。

いわば、配属前の新入社員、
生まれたての赤ちゃんみたいに
純粋で、色が付く前の状態である。

日本の政治家や官僚は、すでに色がついてしまっている。
「他人のお金を使って、自分たちの保身と栄華を図る」
という生活習慣を身に付けている。

その結果、日本では、赤ちゃんからお年寄りまで、
国民一人当たり、1千万円の借金を背負わされてしまい
まだその勢いが止まらない。

企業経営の原則は、「入るを量って出)づるを制す」、
一般家庭の生活は、「収入の範囲で支出をコントロールする」
のが常識であり、違反者は、倒産又は破産となる。

しかし、政治家や官僚は、それが分かっていながら、
「危険だ」「福祉ができない」などと
国民を脅迫しながら、借金路線を驀進している。

国民はそれを知っているから、国会の議論はむなしいのみ。
かくして、冒頭のタイトルになってしまった。

タックスイーター(食税者)は、
stap細胞で、頭を初期化してしまえ!と言いたい。

そして、自分たちの保身と栄華
のために仕事をするのではなく、
国民のために働くよう脳細胞を色付けするのだ。

言い換えれば、税金族の脳細胞にあるのは、
「国民、住民のため」という公務員本来の心のみ。
これは、人間の良心“と言ってもよい。

stap細胞療法によってそれが実現すれば、国民に
おねだりする前に、困っている人の立場になれるだろう。
人間にはもともと、そんな良心が埋め込まれている。

エマニュエル・スウェデンボルグによると、
アダムとイブ以前の人間、プレアダマイトには、
“良心”などという言葉はなかったそうだ。

人間には、良心しかなかったから、
それを説く必要がなかったという。

後になって、人間が悪くなり、教育のために
“良心”という言葉を作ったとの説だ。

1千兆円を超える借金は、もはやピンとこない。
従来の発想では100年たっても解決不能。

上記のstap細胞療法が実現すれば、自分達のための
無駄遣いを自制し借金は減る方向に向かうだろう。
そうなれば国内問題の90%は、スグに解決してしまう。

なぜなら、国内問題の殆どは、
お金にまつわる金欠病から来ているからだ。

stap細胞療法で、
平和で豊かな世界を実現


ところで、小保方さんは、
50年先、100年先を睨んでいると言っておられる。

そのスケールで発想するなら、上記の
stap細胞療法を世界に広げると良い。

世界の指導者の中には、
卑しい指導者や、
野蛮な指導者が少なくない。

シリアや北朝鮮も、国際機関が機能せぬまま
今も、国民が犠牲になり続けている。

地球上の戦争や紛争は、収まる気配がない。
解決が無理だということは、残念ながら
2000年の歴史が証明している。

stap細胞療法は、人類の平和という
超困難な問題に、解決策を与える
可能性があるのではないか?

少しオーバーランしてしまったが、
無責任な自由日記なのでお許し願いたい。

小保方さんは、外野席がうるさくて
研究に支障をきたしていられるとのこと。

「あまり騒いでほしくない」というお願いを
以下に、転載させていただきます。


Jan. 31, 2014
報道関係者の皆様へのお願い
STAP細胞研究はやっとスタートラインに立てたところであり、世界に発表をしたこの瞬間から世界との競争も始まりました。今こそ更なる発展を目指し研究に集中すべき時であると感じております。

しかし、研究発表に関する記者会見以降、研究成果に関係のない報道が一人歩きしてしまい、研究活動に支障が出ている状況です。また、小保方本人やその親族のプライバシーに関わる取材が過熱し、お世話になってきた知人・友人をはじめ、近隣にお住いの方々にまでご迷惑が及び大変心苦しい毎日を送っております。真実でない報道もあり、その対応に翻弄され、研究を遂行することが困難な状況になってしまいました。報道関係の方々におかれましては、どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

STAP細胞研究の発展に向けた研究活動を長い目で見守っていただけますようよろしくお願いいたします。

細胞リプログラミング研究ユニット
小保方 晴子

http://www.cdb.riken.jp/crp/news2014.1.31_2.html


うつ病や引きこもりの増加に対応


うつ病引きこもりが、最近増えているそうですね。
一方、
日本人の品格とか、女性の品格とかいう言葉もよく聞かれるようになりました。
いずれも、「」がテーマです。
いうまでもなく、人間の行動は、その人の「」に従っています。
操縦されているといってもいいかも知れませんね。

では、その「」とは、どのようにして形成され、どのように変化するのでしょうか? 子供の教職者でもある親としては、気になるところです。

そのヒントは、古今東西言われているキーワードから、ある程度得ることができそうです。

例えば、胎児教育幼児教育三つ子の魂百まで幼稚園では遅すぎる(ソニーの創業者、井深大さんの大ベストセラー)、孟母三遷疾風怒濤の時代、等々の言葉に示される内容は、人間の「」の形成に大きなな影響力を持っています。

どうやら、遅くとも17・8歳くらいでで勝負は決まってしまっている、といえそうです。

最後に挙げた疾風怒濤の時代というのは、心理学の用語で、精神状態が大きく変わりやすい時期、ということだそうです。
女性なら中学生、男性なら高校生の頃ですね。
疾風怒濤のように、精神が激しく揺れ動くこの期間に、子供とのコミュニケーションを避けると、後になって、親として取り返しがつかないと言われています。
親が多忙で、子供への「気配り目配り」をする代わりに、「金配り」を続けて子供をダメにしてしまった事例が、時々話題になりますね。

このようにして育てられた子供が、大人になりかけのところで自己中心的な犯罪を犯すのは、親の不見識な子育てによる、社会的な二次災害と言えるのではないでしょうか?
そして、その種が延々と引き継がれるのが人間の営みですから、親業というのは、本当に恐ろしいというか、とても価値の有る仕事だと思います。

さて、上記のキーワードから考えると、
生まれる前から高校卒業までは、心の暴走のタネを摘み取る継続的な環境作りをすべきでしょう。
その期間の親の立場は、あたかも精神科の名医のような自覚が必要な、大事なものだと思います。

その結果、残念ながら、心の育成に失敗した場合は、本職の精神科医にケアをして頂く事になるのでしょう。
しかしその場合でも、精神科医に依存するのでなく、あくまでも主治医は自分(親)だという自覚が必須だと思われます。

うつ病引きこもり等の増加に対応する、専門病院のニュースがありましたので、関連情報としてご紹介します(少し長いので、前半省を略しています)

鶴岡病院に医療観察病棟 2012年度 茅原地区が移転候補

 同病院は、1952年設立で、病床数は350床。県内の精神科治療の中心を担ってきたが、うつ病引きこもりの増加、思春期の心の問題などに対応できる診療体制の充実強化が新たな課題となっていた。施設の老朽化も進み、交通の便が悪いことなどもあって患者数も減少傾向にあり、03年ごろから病院再編や移転を検討してきた。

 計画案では、現行の「隔離・収容型」ではなく、より地域に開かれた「メンタルヘルス型」への転換を目指すとしている。病院名も「県立こころの医療センター」に変更する予定。県県立病院課は「受診の際に患者さんが受ける抵抗感を低くし、地域に溶け込んだ精神医療の場にしたい」と説明する。

 病棟は機能別に再編し、県内初となる児童思春期の患者専用病床(15床)を設けた「子ども・ストレス病棟」や、刑事事件を起こした精神障害者などの入院治療を行う病床(15床)を設けた「医療観察病棟」などを新設するのが特徴だ。

 すでに医療観察病棟を設けている国立花巻病院(岩手県花巻市)の30床は、07年夏以降ほぼ満床で、対象患者の多くは遠方の施設に収容されているという。山形保護観察所の平間涼一社会復帰調整官は「収容先が遠方だと面会が減り、治療状況の把握や社会復帰後の通院治療が妥当かの判断にも影響がある。家族への負担も大きい。県内の設置は課題解決にも好材料」と期待を寄せる。

 新病院の開設予定地の茅原地区は、通院の利便性向上などが見込める一方で、地域住民には医療観察病棟に対する治安上の不安もある。2月下旬の住民説明会では「重症患者の管理を徹底してほしい」「地元住民と接する場での安全は十分に確保できるのか」などの意見もあった。

 同課は「地域で受け入れる精神医療は時代の流れでもあり、関係者の期待も大きい。今後も検討と住民への説明を重ねていきたい」と理解を求める。新病院開設に向けて08年度に基本設計や用地取得を進め、10年度着工する予定だ。(2008年3月30日 読売新聞)



電位治療器の効果はあっても悪質商法で売り上げを伸ばす会社もある

電位治療器の大手「パワーヘルス」が誇大宣伝!?

医療機器に電位治療器という分野がある。

この電位治療器業界の草分けは、
ヘルストロンを売っている白寿生科学研究所。
パワーヘルスを売っている株式会社ヘルスは後発。


その「パワーヘルス」が誇大宣伝しているらしい
との記事が、朝日新聞に出た。(2003.4.18)

この機器は、本体につないだマット上に
座ったり横になったりして
症状を和らげるとされている。


薬事法に基づいて、
頭痛、肩こり、不眠症、慢性便秘の緩解などの広告
までは認められているらしいのだが、

販売員は、説明会場で
「治る、治る」と断言連呼しているというのだ。

電位治療器は、もともとは日本人の発明家原敏之氏が
「高圧送電線下に結核患者がいない、農作物の収穫量も多い」
というドイツの医学雑誌の記事をきっかけに、

「電界が人間のからだに良い影響を与えるのではないか」
と考え、高周波超高圧の電位負荷を利用した治療器を開発
したのが原型と言われているらしい。(1928年ころ)


電位治療器は、長い歴史があり機器所有者も多い。
また、多くの老人福祉施設や整骨院にも設置されている。

地域によっては、先発メーカーの白寿が開発した「ヘルストロン」
を設置して、一回百円で町民に開放したりしている町もある。


整骨院などでは、無料の「パワーヘルス」が出来てから客が減ったと
ボヤいているところもあるらしい。

ある町では、パワーヘルスの薬事法違反か
と思われるような、強力なセールストークのおかげか? 
相当な世帯数が購入したという。


いわゆる口コミで、
「効くから買わなしょうがない」という人もいたという。

このニュースを見て、前に、
野菜スープを提供して、医師免許がないのに
医療行為をしたかどで捕まった人の事を思い出した。


岐阜の予防医学研究所というところ。
ここにも大勢の信者?が押し寄せていたと聞く。

人間の体は神秘であり、個人差もあるから
明瞭には解りにくい。そんな中で、

人体の神秘に有効な健康・治療法が
人間の知恵で作った法律で制御されるという
仕組みがある。


どちらが人間を救うのだろうか?

電位治療器の効果と悪質商法の被害


パワーヘルスの虚業を暴く

電位治療器の効果悪質商法の被害

電位治療器の効果は、ほぼ認知されている。

また、電位治療器の副作用は、
使用方法や注意事項を守ることで避けられる。

しかし、電位治療器の悪質商法には要注意!
人気ランキングの上位にも、
悪質商法業者がいることがあることがあるからだ。

電位治療器の人気ランキングは、ヘルストロン(商品名)
というのが、トップグループで不動のように思われる。
ただしこれは筆者の独断で責任はもてない。

別の会社だが、パワーヘルス(商品名)というのは、
消費者庁の立ち入り調査があってから
電位治療器中古品への出品が増えているような気がする。


当地にも、パワーヘルスの体験会場があったので
以下に、その時の様子などを記しておこう。
(現在は、会場は閉鎖されている)

タダなら行かなきゃ!
電位治療器を体験


地元のスーパーマーケット、牛虎の敷地内で、
「パワーヘルス」という電位治療器の会社が、
無料の体験会場を設営している。

勿論、無料と言っても、その目的は販売。
しかし、一年余り続いているところを見ると、
結構購入者もいるようだ。


体験者の中には、”効かん”、と言う人もいれば、
”効くから買わなしゃあない”、と言う人もいる。

電位治療器の会社は、大小あわせて
全国で百社を超えるほど多いと聞く。


この業界の先発メーカーは、「白寿」と言う会社
のようで、当町の社会福祉協議会の施設には、
「白寿」の電位治療器が、相当前から設置されている。

「白寿」の商品名は「ヘルストロン」
といい、一回百円で町民に開放しているのだ。


電位治療器は、やや大型の業務用が、
整骨院などに設置されているところを見ると、
その効果は認められているようだ。

「パワーヘルス」が無料でやっているので
当町の整骨院は、”うちの客が減った”、
とボヤいていると聞く。

気の毒だが無料には太刀打ちできない。

筆者も悪い所は無いのだが、
「タダなら・・・」と、会場に行ってみた。

確かに、寝つきが良くなり、
深く眠れるようになったような気もする。
プラシーボ効果(=偽薬効果)かどうかは分からないが・・・。


以下は産経ニュースより。(ただし、
薬事法に違反していたとしても、悩ましいのは、
電位治療器の効果と悪質商法は、関係が無いことだ)

「パワーヘルス」製造販売業者に立ち入り
誇大表現疑いで消費者庁


頭痛や肩こりなどを緩和する医療機器
「パワーヘルス」を製造販売する「ヘルス」(東京)
が、「病気も治る」などと効能効果を誇大に表現し

セールスしていたとして、消費者庁は18日までに、
景品表示法違反(優良誤認)に当たる恐れがある
として、同社の営業所などを立ち入り検査した。

パワーヘルスは「電位治療器」と呼ばれ、
本体につないだマット上に寝るなどすると
症状が和らぐとされる。1台約50万円。

薬事法に基づき
「頭痛、肩こり、不眠症及び慢性便秘の緩解(軽減)」
のみ宣伝することができる。

消費者庁などによると、同社販売員は、
高血圧や糖尿病などさまざまな病気も「治る」と、
顧客に繰り返し説明していたという。

こうしたセールストークで同法を適用し
行政処分を科すことになれば、平成21年9月の
消費者庁発足以来、初めてになる。
(2013.4.18)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130418/crm13041821260015-n1.htm

サシガメから感染するシャーガス病が日本で献血から初確認!

中南米出身男性の献血血液検査で 「シャーガス病」を初確認(13/08/15) サシガメから感染するシャーガス病が 日本で献血から初確認 中南米で流行中の「シャーガス病」が日本で初確認された。 シャーガス病とは、サシガメ(カメムシ科)を感染源とする 感染症。日本での献血で、初めて確認された。 シャーガス病の治療や検査、予防、治療薬など、 日本ではまだ開発途上だ。 wiki(フリー百科事典)には、 シャーガス病について、病原体・症状・診断・ 治療・予防などの項目を設けているが、 充分な解説がされているとは言いがたい。 シャーガス病治療薬の開発・研究のために 中米エルサルバドル共和国で行われた際の レポートがある。 日本からの支援・指導が目的のようだが・・・。↓ http://www.jsps.go.jp/j-oda/pdf/22-10JSPS_ODA.pdf 以下は、シャーガス病を献血で初確認! すでに血液は赤血球製剤などに使用されているという 看過できないニュース。 地球は益々ボーダーレスになり、加えて温暖化によって 新しい病原菌や病気が出現する気配を感じる日本。 個人でも防御策、危機管理の強化が避けられなくなってきた。 「シャーガス病」を献血で初確認  血液は赤血球製剤などに使用
中南米で流行しているという「シャーガス病」。 日本でほとんど聞くことがないこの病気の抗体陽性が、 日本国内の献血で初めて確認された。 最悪の場合は死に至るという、この病について、 専門家に聞いた。順天堂大学熱帯医学・ 寄生虫病学の奈良武司准教授は 「主に中南米に分布していて、 HIVのように恐れられている病気です。 10年から20年かけて、ゆっくりと組織が破壊 されていって、最終的には死に至る病気です」 と話した。中南米出身の40代の男性が、 6月に献血した血液から、 抗体陽性が確認されたシャーガス病。 これは、中南米で流行している感染症で、 およそ1,000万人の感染者がいるといわれている。 日本国内の献血で確認されたのは、 今回が初めてのこととなる。 そのシャーガス病とは、いったい何なのか。 順天堂大学熱帯医学・寄生虫病学の 奈良武司准教授は「心臓の細胞を破壊 していきますので、いわゆる心臓のリズム が狂ったりとか、心臓が肥大して、 心不全を起こしたりということで、 それが急性期であれば、数カ月で発症。 突然死の1つの原因になっている と考えられています」と話した。 感染源は、南米に多く生息するカメムシの一種、 サシガメ。人間の血を吸った時に出す排せつ物 の中に寄生虫が含まれていて、傷口などから、 人体に入り込むという。 このシャーガス病がやっかいなのは、 重症化することだけではない。 順天堂大学熱帯医学・寄生虫病学の奈良武司准 教授は「シャーガス病というのは、 なかなか決まった病気、症状というのがない のが特徴。感染しても、感染したことには、 大抵の方は気がつかないと思います。 (日本では)個別にそれぞれ検査ができる所で、 大学の研究機関で検査を受ける しかないと思います」と話した。 男性は、これまでに少なくとも9回、献血を していて、全て陽性だったという。9回分の血液は、 赤血球製剤や血しょう製剤に使われていて、 厚生労働省では、日本赤十字を通じて、 使用実態を調べている。(FNNニュース) http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251940.html


Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。