イルカの自由日記TOP ≫  芸能人・芸能ニュース

芸能人・芸能ニュース

serenaのピンクの弾丸を視聴は一部。歌詞は応援歌!

Serena『「ピンクの弾丸」先行スポット映像』 serena ピンクの弾丸 の視聴は一部のみ serenaの「ピンクの弾丸」の視聴は、まだ 先行スポット映像でしか見れない。 8月21日発売の予定だからだ。 ピンクの弾丸の歌詞は、 ショムニ2013 視聴者への応援歌 とされる。 もうご存知だろうが、 serenaのデビュー曲ピンクの弾丸が 新ショムニの主題歌に抜擢された。 「ピンクの弾丸」は、昨日10日から 着うた(R)の配信をスタートし、 レコチョク着うた(R)ランキングでは 第3位を記録し、早くもTOP3にランクインした。 さらに7月10日付けUSEN J-POPランキングでも 第9位にランクイン。 堂々のTOP入りを記録して、各所で話題。 ショムニ2013の好スタートとも相まって これから、日を追う毎にランクアップされそうだ。 ピンクの弾丸は 作詞:杉村喜光 作曲・編曲:松井寛 アリオラジャパンより8月21日発売の予定だ。 serenaのプロフィール serenaは、1994年5月18日生まれの19歳。 東京都出身で、血液型はB型。 趣味は、ダンスや読書・ディズニーランドとか。 人生を変えるきっかけになった曲は、 「We Are The World」。 今回主題歌に決定した「ピンクの弾丸」は、 ファーストデビューシングルだ。 アリオラジャパンから8月21日に発売される。 彼女は、新人とは思えないパワフルな歌声と 抜群の歌唱力を持っている。 特にこの歌は、学生や主婦やOLなど 『ショムニ2013』を見てくれる 全ての女子たちが、頑張って戦うための 応援歌になっているといわれる。 ドラマ「ショムニ2013」主題歌 Serena デビュー曲『ピンクの弾丸』 Serenaは、音楽のあふれる環境に育ち、 「自分自身を一番表現できるのは“歌うこと”。 歌の持つ力を感じて信じて人とつながっていきたい」 という思いを抱くようになり シンガーを目指したそうだ。 デビュー前にもかかわらず、 卓越した歌唱力と圧倒的なパフォーマンスを見せている。 昨年末に代々木第一体育館で開催されたライブイベント 「Music For All, All For One」や、 1月に横浜アリーナで開催された 「Beat Connection」に出演し、 1万人の聴衆を魅了したといわれる。 なお、「セレナ」とは、日産セレナの略称でもあるので、 日産セレナのCMソングとお間違えなきよう。こちらは、 いきものがかりの新曲「マイサンシャインストーリー」が 日産セレナの新CMになて、 6月17日からオンエアが開始されたそうだ。 紛らわしいので念のため・・・。 Serena 「ショムニ2013」主題歌がドラマと共に好スタート! デビュー曲「ピンクの弾丸」が 昨日10日からスタートしたフジテレビ系ドラマ 「ショムニ2013」の主題歌に新人としては異例の 大抜擢された19歳シンガーSerenaのお披露目映像が、 YouTube公式チャンネルにて公開された。 Serenaはデビュー前から代々木第一体育館 (2012年12月「Music For All, All For One」)や 横浜アリーナ(2013年1月「Beat Connection」) といった大舞台でも堂々としたパフォーマンス を披露し、注目を集めていた。 今回公開された映像でも10代のフレッシュな 躍動感あふれる動きとパワフルな歌声で 全世代の女性への応援歌的メッセージソングを 歌い上げている。 デビュー曲「ピンクの弾丸」は、昨日10日から 着うた(R)の配信をスタートし、 大手音楽配信サイトのレコチョクでは“イチオシ” 楽曲にも選出、新たな若手実力派シンガーの登場 に期待が集まっている。配信初日7月10日付けの レコチョク着うた(R)ランキングでは 第3位を記録し、早くもTOP3にランクインした。 さらに7月10日付けUSEN J-POPランキングでも 第9位にランクイン。堂々のTOP入りを記録 するなど各所で話題となりはじめている。 また、主題歌となっているドラマ 「ショムニ2013」も、オリコン発表の 2013年7月期連続ドラマ期待度ランキングで 第1位に輝き、初回放送は18.3%という 高視聴率を記録した。 ドラマ「ショムニ2013」とともに、 主題歌を歌うSerenaに 今後さらに注目が集まりそうだ。 (BIGLOBE 音楽芸能ニュース 2013/07/11 )

兼島ダンシング 自転車窃盗容疑で逮捕!

お笑い芸人 兼島ダンシングが自転車窃盗容疑で逮捕【音声】 お笑い芸人、兼島ダンシングが 高級自転車の窃盗容疑で逮捕された。 兼島ダンシングの動画を探してみたら こんな芸人だ。 兼島ダンシング 動画 マッチ売りの少女 なんだか、ドタバタの芸風だ。 お笑い芸は、スポーツにして欲しくない。 あくまでも”芸”であって欲しい、と感じる。 落語や漫才は、観客の心のヒダに入り込んで、 わき腹をクスグり続ける仕事だ。 言葉の芸術によって、観客が共感し、 脱帽させられるところに値打ちがある。 兼島ダンシングの名前は、この不祥事で始めて知った。 本当に実力があるなら、これをきっかけにして、 売れ出すかもしれない。そう思って 兼島ダンシングの動画を見たが、 残念ながら筆者の好みには合わなかった。 余計なお世話だが、 スポーツ的ドタバタ芸風を脱皮して、 観客とのコミュニケーションを 言葉で取る研究されてはどうだろうか? 以下は記事。 高級自転車9台窃盗、 芸人 兼島ダンシング逮捕、容疑は否認 自転車専門誌編集長の田村浩さん(41) の自転車を盗んだとして、警視庁池袋署は9日、 窃盗の疑いで、東京都豊島区池袋、 お笑い芸人、兼島信茂容疑者(39)を逮捕した。 同署によると、「なぜ逮捕されたのか分からない」 と容疑を否認している。 兼島容疑者は「兼島ダンシング」の芸名で活動 しており、テレビのバラエティー番組などにも 出演していた。 田村さんの自転車は盗難前に無断で撮影され、 インターネットオークションに出品されており、 同署は兼島容疑者が盗品を保管するリスクを避ける ために事前にネットに出品し、 第三者の落札を確認後、 犯行に及んだとみている。 逮捕容疑は、6月16日正午ごろから 同17日午前7時ごろの間、 豊島区内の田村さん宅のガレージから、 駐輪中の自転車9台 (被害総額約200万円相当) を盗んだとしている。 捜査関係者によると、被害品を含む 田村さんの自転車が同12日に ネットオークションに写真付きで出品され、 同16日に落札されていた。 兼島容疑者は田村さん宅で事前に自転車の写真を撮影し、 落札後に再び田村さん方に侵入して 自転車を盗んだとみられる。 出品者のIDなどから兼島容疑者の関与が浮上。 ほかにも高級自転車数台が兼島容疑者のIDで出品 されており、同署が関連を調べている。 (2013.7.9 12:08産経ニュース)

音楽のちから2013出演者 武田鉄矢の“母に捧げるバラード”に泣かされた。

海援隊 武田鉄矢 母に捧げるバラード 音楽のちから 2013 出演者の順番で 昼過ぎ((7月6日)に出演した、 海援隊 武田鉄矢の”母に捧げるバラード” に泣かされた、という声がツイッターで 多く寄せられ、反響を呼んでいる。 日テレ 音楽のちから2013の出演者は、 キスマイ、ももクロ、嵐、関ジャニなど、 多くの人気アーティスト総出で行われたが、 海援隊 武田鉄矢の”母に捧げるバラード”が 意外なことに話題を呼んでいる。 ツイッターでは、その歌詞に対して、 「感動した」「頑張ります」というのが多かった反面、 「(これが)良い曲って言う人が、この世から いなくならない限り自殺者は増え続けるだろう」 といった批判の声もあったようだ。 この世は不条理に満ち人間は矛盾に満ちている それで、感じたことを一言。 人間は、世間の中で生きている。 架空ではなく、世間という現実の中で生き抜いている。 勝海舟は「理屈は死んでいる 世間は生きている」といった。 その世間とは何か? 人間の性(サガ)が織り成す 矛盾に満ちた現実のことであろう。 宗教的迫害や、侵略や戦争、イジメなどは、 誰でも、できればしたくないと思うのだが、 それは理屈で、現実は往々にしてその逆だ。 この人間の歴史が物語るのは、 人間は矛盾に満ちた生き物である、ということだ。 聞かれれば、「それはしません」 「してはいけないと思います」と答えるのだが、 現実の行動は逆を取ってきたということだ。 人を救うべき宗教は、美しい理念の下に 他宗教の人は救わないで排斥する。 場合によっては、殺人でも”聖戦”であり無罪だ。 この世は、こんな不条理に満ちている。 しかし、今の教育環境やマスコミは、 この不条理の中で生きることを教えない。 ヒステリックに批判するだけだ。 人間は、わかっていても、 出世や我欲や家族を養うために 不正や不義理をし、事件を起こす。 しかし、現代の若者たちは、 この世に不条理はなく、 人間は良心のみで生きている(筈だ!) と教えられる。 マスコミは自らを安全な場所に置いて、 正義(のみ)を振りかざす(言いすぎかな?) 教育界は、人間とは、矛盾と苦悩に満ちながら 成長していくものだ、ということを教えない。 世間には良心と正義しかあってはならないのだ。 そんな教育に守られ、過保護に育った 温室育ちの子供たちは、 困難にぶつかると耐えられない。 そんな危機的な傾向が、 今は、続いているのではないだろうか? 武田鉄矢の母は、 「働け!働け!」という言葉で、 何を言いたかったのか? それは、 働かない人ほど不平不満が多い 世間は温室ではないぞヨ と教えたかったのではないだろうか? 『音楽のちから』の“母に捧げるバラード”に反響 武田鉄矢に泣かされた【エンタがビタミン♪】 7月6日の朝から生放送されている 日本テレビの特別番組『音楽のちから』で、 海援隊が懐かしのヒット曲「母に捧げるバラード」を披露した。 ボーカルの武田鉄矢が、 「“ヨイトマケの唄”をヒントにした」という 楽曲誕生秘話を明かしたことも話題になった。 彼らがその「母に捧げるバラード」を披露すると、 ヒットした当時を懐かしむ年配の方々や 初めて耳にしたという若者まで 様々な世代がツイッターで「感動した」、 「号泣した」とつぶやく反響となっている。 ボーカルの武田鉄矢とギターの中牟田俊男と 千葉和臣の3人からなるフォークグループ・海援隊が 「母に捧げるバラード」を出したのは1973年のことだ。 語るように歌う武田のスタイルと博多弁を用いた歌詞がウケて 大ヒットしたが、当時は武田自身が若かったこともあり コミカルな印象もあった。同曲はそれからも歌い続けられてきたが、 母親のイクさんが亡くなり歌に込められる思いも変化してきた。 血気盛んだった武田も“金八先生”として活躍して、 今では60歳を超える年齢だ。 日本テレビ開局60年特別番組『THE MUSIC DAY 音楽のちから』 で昼過ぎに海援隊が登場すると、「母に捧げるバラード」を演奏した。 武田は以前ある番組で美輪明宏が話した 「母に捧げるバラードは“ヨイトマケの唄”を模倣して作った」 という裏話を改めて明かしている。 彼もそこのところはハッキリ伝えておきたかったのだろう。 「母に捧げるバラード」はタバコ屋の息子として育った 武田鉄矢の子ども時代から大学生時代、 そして歌手を目指して上京するまでを見守ってきた 母親の姿を歌ったものだ。以前は中学生でタバコを吸い過ぎて 歯の裏が真っ黒になったという内容もあったが、 最近は聞かれない。他にも時代とともに歌詞の内容は変化している。 この日、幕張メッセのステージから海援隊が届けた 「母に捧げるバラード」の内容にも視聴者の大きな反響があった。 ツイッターでは歌詞にある「人を指差すやつは良く見てみろ、 “2本は相手を指しても、3本は自分ば指しとる”」 というフレーズに「納得してしまった。海援隊の歌詞は深いな」 と共感するつぶやきが複数あった。 「本当にええ曲! “ヨイトマケの唄”の模倣とか言ってたけど、 それでもいい曲に変わりない!!」と内容に共感するつぶやきが多く、 「仕事中フライパン片手に泣きそうになった」、 「母に捧げるバラード泣いた。やっぱ音楽ってすごい!」と、 感動のあまり涙したというものが相次いでいる。 ちょうどその時間帯は「神田川」〜「母に捧げるバラード」〜 「なごり雪」と昭和に流行ったフォークソングの名曲が続いたことで、 懐かしむ世代もいれば、「名曲ばかり。生まれる前の曲いいなあ」 というつぶやきもあってリアルタイムではない世代の心にも響いたようだ。 また、同曲の歌詞に「鉄矢、働いて働いて働きぬいて、 休みたいとか遊びたいとか、そんなこといっぺんでも思うてみろ。 そん時は死ね…それが男ぞ、それが人間ぞ」という一節があるが、 それについては賛否があるようだ。歌詞に対して「頑張ります」 といった反応がある一方で、「(これが)良い曲って言う人が この世からいなくならない限り自殺者は増え続ける」、 「“1日も休まないレベルの激務で、疲れたと思ったら自殺しろ” とかいう社畜」と批判するつぶやきも見受けられた。 時代背景も変わり、受け止め方もいろいろである。 他にも様々な意見がつぶやかれており、 「母に捧げるバラード」が今の時代でも聴く者の琴線に触れる ことが分かる。他の歌手にもカバーして欲しいと期待する つぶやきもあったが、武田鉄矢以外がこの感動を再現できるか どうかは疑問だ。 (TechinsightJapan 真紀和泉 2013年7月6日)

林明日香、石井慧と入籍・結婚へ

林明日香 小さきもの- 有安杏果 林明日香、石井慧(格闘家)と 入籍・結婚 ポ毛モンの「小さきもの」などで知られる 林明日香が、格闘家の石井慧と 結婚することが明らかになった。 林明日香の代表曲は、 「小さきもの」や「蓮花」などで、彼女は 専門家の評価も高いシンガーソングライターだ。 林明日香は韓国かなんかが混ざってるという 人もいるらしいが、姉はプロゴルファーの林綾香、 弟はプロゴルファーの林照大。そして、 夫は総合格闘家の石井慧ということになる。 石井慧は元嫁との関係も解消し 今どうしているのかと思っていたが・・・。 石井慧は、発達障害だとか、 タトゥー(刺青)入れる暇があれば練習しろ! とか、いわれてきた。 日本人は、やっかみが強いといわれる。 人の不幸が蜜の味なら、 林明日香と石井慧の結婚は何の味だろう? 以下は、最新音楽ニュース「ナタリー」の記事から デビュー10周年の林明日香、石井慧と入籍 林明日香が、北京オリンピック柔道男子100kg超級の 金メダリストで格闘家の石井慧と 7月3日に入籍したことを発表した。 林は本日7月5日付けのオフィシャルブログで 「彼を選んだのは、自分にとっては 本当に自然な事で、大きな愛と安らぎを与えてくれ、 この人となら一生笑い幸せに過ごして行けると確信し、 この結婚を決意しました」と結婚に至った理由を説明。 「これから2人力を合わせ、支え合い、幸せな家庭を 築いていきたいと思いますので 皆様、これからも 応援よろしくお願い申し上げます」と結んでいる。 林明日香は2003年1月、 13歳のときにシングル「ake-kaze」でデビュー。 10周年を迎えた今年、 8月21日に自身監修の初ベストアルバム 「林明日香 ゴールデン☆ベスト」 をリリースすることが決定している。 林明日香「林明日香 ゴールデン☆ベスト」収録曲 01. ake-kaze 02. 「母」 03. 小さきもの 04. もう一度あなたに会いたい 05. 凜の国 06. つゆくさ 07. 蓮花 08. 声 09. スノウドロップ 10. お願い 11. kuchi-zuke 12. 風椿 13. 風の凱歌 14. 花結び 15. 明け風 16. 月見草

ローラ 父親に逮捕状で国際手配!障害者の件で上田激怒!の後も災難つづき

ローラの父 詐欺で国際手配 タレントのローラ(本名佐藤えり)さん、 父親に逮捕状が出て国際手配! 詐欺グループの指南役か?とのニュースを見た。 ローラさんは先日、 障害者を嘲笑したと 上田激怒!(くりぃーむしちゅー) なんて内容で週刊誌に騒がれた ばかりで、災難?が続いている。 今回の、 「ローラの父親に逮捕状!」とは、 彼女の父親が、詐欺の疑いで 国際手配されたというもの。 以下は、 2013年6月26日のスポニチ記事より。 海外療養費をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は 25日までに、詐欺の疑いで、タレントのローラ(23)の父親で バングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(53) の逮捕状を取った。 「タメ口」のキャラクターで、いまやバラエティー番組やCMに 引っ張りだこのローラに起こった突然の騒動。 この日は、集まった報道陣の問いかけに無言で立ち去った。 警視庁組対1課によると、ジュリップ容疑者は昨年8月に バングラデシュに出国しており、警視庁に対し電話で 「知らない。はめられた」と説明し、日本に戻るのを拒否している。 警視庁は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、国際手配。 現地警察に情報提供を求めている。 逮捕状の容疑は2008年12月〜09年1月、 知人のバングラデシュ人の調理師、モハマド・アミン・ショリフ容疑者(45) =詐欺容疑で逮捕=がバングラデシュの病院で 心臓病の診療を受けたとの虚偽の申請書を 東京都世田谷区役所に提出し、 海外療養費約87万円をだまし取った疑い。 ジュリップ容疑者はうち約40万円を受け取ったとみられ、 モハマド容疑者は「ジュリップ容疑者から、“もうけ話がある。 絶対にばれないから大丈夫”と誘われた」などと供述。 同課はジュリップ容疑者が詐欺グループの指南役で、 グループ全体で1000万円以上をだまし取ったとみている。 海外療養費は、国民健康保険や社会保険の被保険者が 海外で療養や治療が必要となった場合に支給されるもの。 外国籍でも住民票を作成する要件を満たす滞在者であれば、 国民健康保険に加入できる。 ローラは、ジュリップ容疑者と、ロシアと日本のハーフの母 の間に生まれ、7歳までバングラデシュで生活していた。 双子の兄がおり、その後、両親は離婚。 ジュリップ容疑者と再婚相手との間に生まれた 双子の異母弟妹もいる。 ジュリップ容疑者は過去には都内でインドカレーの店 などを経営していたとの報道もあり、 昨年4月には「ローラの父」としてバラエティー番組にも出演。 ローラは「世界一好きな人」と紹介し 父に習ったバングラデシュ料理を紹介していた。 ローラの所属事務所では「報道された事実に関して、 本人はまったく把握しておらず、大変ショックを受けている」と説明。 その上で「捜査にはできるかぎり協力させていただきます」とコメントした。 この記事にある ローラの妹は現在中学生。 また、ローラとそっくりで、 第2のローラといわれる水沢アリーは この事件へのコメントを求められたが 関係者にガードされながら 「すみません」と頭を下げて、 その件には触れずに会場を後にしたという。 ローラさんは、そっくりさんも出て 騒がれるほどの人気者なので、 ご本人には迷惑な、交通事故みたいな ニュースはこれからも出てくるかもしれない。 因みに ローラさんが「障害者を嘲笑」して、くりぃーむしちゅーの 上田を激怒させた、という事件?だが、この内容は 分かりにくいので、ローラさんの言い分だけ載せておく。 興味のある方はコチラ⇒

Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。