イルカの自由日記TOP ≫  芸能人・芸能ニュース

芸能人・芸能ニュース

壇蜜の壮絶な過去。日本舞踊師範の奥深さ。


情熱大陸 壇蜜 〜扉の奥を覗きたい〜 (前)

壇蜜の壮絶な過去

壇蜜の壮絶な過去が話題になっている。
恋人とのエピソードや、多くの職業を
迷いの中で経験してきたことが

壇蜜の壮絶な過去として
マスコミで紹介されている。
しかし、

情熱大陸での壇蜜を見ると
単なるポット出のお嬢さんではなさそうだ。

彼女には、芸能界にも応援団がいるらしい。
壇蜜ファンクラブの会長が福山雅治さん、
壇蜜ファンクラブの副会長が、テリー伊藤さん。

なんで応援団までできるの?
女子禁制の会なのかどうかは知らないが、
それは大きな問題ではない。

周囲をしてそうさせるものが
壇蜜にはあるのだろうか?
というところに興味がある。

それで、情熱大陸で収録された
壇蜜のyoutube動画、テリー伊藤の
壇蜜へのインタビューなどをもとに

壇蜜語録、壇蜜人物論?
みたいなものを
独断と偏見でまとめてみよう。

壇蜜語録&
情熱大陸 壇蜜ロケ風景


自分の今の人気について?⇒
「社会が病気かも?
ありがたい、こんな贅沢はない。」


壇蜜はグラビアを踏み台にしているのでは?⇒
「私はグラビアしか出来ない。
官能的な見せ方をして殿方を楽しませる。」


おはようございます、と、ストーブに当たる、
すっぴんは抵抗がない、メイクもしてもらっている間

その真っ白いもこもこのタオルに
くるまれている壇蜜さん
の姿がかわいい。

まゆを細くしてるんですね?⇒
「歳だから、歳ですよ」

32歳の官能的な現場。
初恋の人と学校で再会という
シチュエーションを要望された。

ああ、幸せという感じでやって下さい⇒
「幸せってなんですか?」

現場の人は色々言って、ごまかそうとするが、壇蜜は
笑って済ますことができない。幸せについて考える。

内に秘めた幸福感を出した感じ。
と言われて、納得した様子。

壇蜜は古風、物憂げと言われる。
要求があれば、言われたらあとは言われるまま。

望まれることを望まれるように、と
壇蜜はこれまで、自分に言い聞かせてきた。

「自己実現じゃなく他人のために生きてもいい」
それは、「自我の電源を切る」作業だ、

壇蜜は言う。

*この考えに至るまで、彼女の
(職業・進路の)迷いは続いていたようだ。

躊躇なくスカートを脱ぐ。
その撮影は、屋内で行われた。

子供のように無垢な女性という要望、
泥とか汚れちゃってもいい、座る感じでという、
次々と要求が来て、壇蜜は行動していた。

かなり、他写真を見ると、
大胆にさらしている。
これが壇蜜なのかと、圧倒される。

ラジオでは、お土産も渡してた。
「お土産。」とポツリと話した。

⇒歌詞の世界の分析して
決まった歌詞をセクシーに歌って欲しい⇒

「こういうのは、ユーストリームでやったけど、
結果はひどかった。リスナーさんには、
壇蜜は要求したらやってくれるんだという
お得感を出さないといけない。」


すごい顧客思考、お客様第一だ。

結局スタッフは混乱して譲歩した。
リスナーの方を優先にすることになる。
そこで壇蜜はしょっぱなから一言アドリブを入れた。

好きな事を仕事にしたいと思ったことは?⇒
黒縁メガネで真剣に考える壇蜜。
「なんでなんでしょうね、なんかつまらん人生ですわ。」

まだ迷いがあるのかな?
でも迷わなくなった人は、
進化が止まって頑迷になりそう・・・。

1980年秋田生まれ。その後すぐ東京に。
小学3年から孤立した。モノを隠され、
コートもなくなった壮絶な過去もあった。

「大人には気にするなと言われても
小学生は精神を保てない」


もし今の自分なら、その時どんな言葉をかける?⇒
「これよりきついことはないから、とりあえず、
20年生きてくれと言う。」


壇蜜の過去はこうだった。
*似たようなことを、
哲学者のパートランドラッセルが言っている。

「諸君よ、耐えられそうに無いことにぶつかったら
10年先のことを考えよ。そのときには
既にその問題は解決しているだろう」
(記憶に自信なし!正確ではないのでご容赦を。)

やる価値があることがなくて、就活は全敗。
ホステスのバイトなど、いつも中途半端だった。

そんな時、アルバイト感覚で28歳の時に
オーディションに参加したのがきっかけで
グラビアの世界に入っていった。

フルヌードもいとわず、むき出しの自分を出した。
自分なりの存在意義を見つけた気がしたという。
「他人のために生きてもいいって思えたからだと思う。」

自分のためにしたいことは?⇒
「なんでしょうね?」
したいことは?
「ひよこのオスメス鑑別」

ロケ先の温泉宿で一泊。
風呂につかり、ゆっくり。
夕食を見て嬉しそう。どんどん食べてる。

お酒一杯で寝れるので、
傍に布団が欲しいとも言っていた。
食べ方も面白い。笑うと可愛い。

情熱大陸1泊2日のロケの感想は?
「予想外に自分の意見が通ったことが
子供のことのように正直嬉しかった。」

「今のグラビアの仕事をはじめてから
5で丸3年が経つ。今になって、

望みとして形となる前にこうなった。
ちゃんと、望みが、自分の中でまとまる前に
こうなったから嬉しい。」

今、つらいのは?⇒
「言われてきついのは、
今最高でしょと言われることです。」


どうなりたい?⇒「もうちょっとだけ、時が
ゆっくり流れないかなって
今少し早いかなっとそんな気がします。」

テリー伊藤が壇蜜にインタビュー
したとき

芸名の“壇蜜”は
自分で仏教を基に考えたもので、

「壇」は仏壇を、「蜜」はお供え物
を意味している
と説明していた。

日本舞踊師範としての所作も心得ている。
日本語のデリカシーを会得している。

男心をくすぐる言葉のストライクゾーンを
外さない。

パートランドラッセルのような
哲学者をを想起させるような
言葉も吐く。

壇蜜、只者ではない
奥深さがあるのかも・・・?



岸恵子さん、わりなき恋の男性モデルが話題に!?

岸恵子さんの、わりなき恋のモデルは誰なのか?


君の名は 岸恵子 佐田啓二 織井茂子  

このストーリーは、69歳の作家が
パリ行便のファーストクラスで一回り年下の
大企業役員と知り合いになり、恋に陥るというもの。

その女性モデルは、岸恵子さんそのものでないにしても
彼女自身の私小説ととらえる向きが多い。
一方、

わりなき恋の男性モデルは誰なのか?
それは、大手自動車会社に関係する
元取締役だと話題になっている。

「週刊文春」がいち早く話題の人に
突撃取材を敢行しているらしいが、
面白おかしく話題にされた方はお気の毒だ。

岸恵子さんご自身は、
徹子の部屋で、
黒柳徹子さんに、こう語っている。

「この小説は、不倫小説ではありません。
そのように言われるのはとてもつらい。」

やや天然のところもあるが、
何事にも子供のように好奇心を持って
多くの経験をしてきた彼女は、

人間について、とても興味を持っておられる。
徹子の部屋で、何度も「人間というものは・・・」
という言葉を使っているのがその証左だ。

岸恵子”わりなき恋”は、
人間や老いを考えるテキストブック


彼女も70歳という年齢を迎えて
ご自分の豊富な経験もあって、
人間というものを、学者のような態度で

研究し、集大成してみたい、という
気持ちがあるように見受けられた。
この点は、

『失楽園』というベストセラーを著した
渡辺淳一氏と似ている。
彼は作家であるが、整形外科医でもある。

彼は、医学的というか解剖学的に
女性論を述べたりしている。

だいたい、ペンでものを言う人は
生きた社会に疎かったり、心がちょっとヘン
と思われる人がいなくもない。

あえて言うなら、「ペンでしかモノが言えない」。
ノーベル賞クラスの作家などにも、自殺したり
私生活でも心の闇を抱えていたり・・・。

しかし、岸恵子さんも渡辺淳一氏も
そんなの関係ない。
作家だけに留まらない人だ。

実務家というか社会人としても優れた人だ。
学者、特に文科系(社会科学系)の学者は、
先達の研究が中心でオリジナリティが無い。

一方、岸恵子さんや渡辺淳一氏は
オリジナリティだらけだ。

自分の経験から一定の法則を編み出す
力を備えている。
これは、経営者にも求められる能力と同じだ。

ドラッカーさんは、学者と経営者の違いは
そこにあると述べている。

だから、学者の判断は間違いやすい、
とまで言い切っている。

「わりなき恋」は、そんな意識で読んでみると
岸恵子さんが言うように不倫小説ではない。

人間や”老い”というものを
考えるヒントを提供してくれる
貴重な小説ではないか。


岸惠子さん、徹子の部屋で愛と性を語る


約束(岸恵子×萩原健一)

岸恵子さんが徹子の部屋に出演していた。

岸恵子の現在について、
また、彼女の著した「わりなき恋」についてなど
”色々”と語っていた。

岸恵子の経歴はとても華麗

『坊ちゃん重役』や『ハワイの夜』で共演した
鶴田浩二との関係を報道されて、松竹に別れさせられたり、
佐田啓二と共演した映画『君の名は』3部作が大ヒット。

『忘れえぬ慕情』の撮影がきっかけで、
フランス人の映画監督イヴ・シャンピと結婚。
フランスで、作家・川端康成の立会いのもと挙式。

以降、パリに居を構え、フランスと日本を往復。
そこで、サルトル、ボーヴォワール、マルロー、コクトーらと親交を持つ。
1975年、イヴ・シャンピ氏と離婚。娘・デルフィーヌの親権は岸が持っている。

徹子の部屋で岸恵子は、この離婚について言っていた。
「私がいけなかったんです。多忙で家を空けすぎたから。
世界中の男性は誰でも、妻が家を留守にして欲しくはありませんから」

岸恵子の愛と性は自然、天然、豪快

岸恵子は方向音痴、アフリカでは迷わないが、
街中やデパートでは迷うそうだ。

岸恵子の恋は「夕立の後、カラット晴れて虹が出ている」光景。
仲良しの草笛光子の恋は「梅雨」の光景だそうだ。
彼女は芸一筋、岸恵子はダボハゼ人生に見える。

「川端です」と電話がかかってきた。てっきり
仲人をしてもらった川端康成氏だと準備をしていたのだが
訪れたのは大学の先生だった。

よく思い出せないまま、何日間か丁寧に
パリをご案内したようだ^^
徹子さんとのこんな会話はとても愉快なものでした。

「人間というものは」(彼女はこの言葉を結構使っていたが)
大物になるほど些細なことにはこだわらないようだ。

財界四天王・経団連の会長、石坂泰三氏(故人)
との共通点があるなと気づいた。

彼は、天皇と呼ばれるほどの大物だったが
仕事以外は凡人(以下)のところがあった。
靴下が脱げないので、帰宅すると奥さんに脱がしてもらっていたという。

ホントかどうかは確かめてないが、
そんなエピソードが残るくらいだから、
まったく根拠のない話ではないだろう。

すみませんが中断。次は次回に・・・。

岸惠子「わりなき恋」のモデルはご本人!?


君の名は(岸惠子×佐田啓二)歌:織井 茂子

岸惠子「わりなき恋」のモデルはご本人!?

「君の名は」や「真知子巻き」というファッションで
一世を風靡した、女優で文筆家の
岸恵子さんが「わりなき恋」を著した。

岸恵子さんって誰?
若い人はそう思うだろうが、往年のモンスターアイドルである。
半世紀以上前に生まれた人なら誰でも知っている。

岸恵子の当時の人気ぶりは、今なら
akb48や吉永小百合さんを凌ぐほどのアイドルで、
日本人の3人に一人を熱中させたといわれる。

「君の名は」のDVDを見られた人があるかもしれない。
このドラマは、岸恵子演じる主人公の氏家真知子と
その恋人の後宮春樹が、再会しそうになるが、

いつも不都合が起きて会えない。
この「会えそうで会えない」という事態が
何度も繰り返されるのは、後のドラマでもよく見られる描写(演出)である。

この作品は、そのパターンの典型で、
古典となって、今は韓流ドラマでもよく見られる手法だ。

因みに、お相手の後宮春樹役は、佐田啓二氏。
彼も往年の大スターで
俳優の中井貴一の実父、何れも美男子のDNAだ。

岸惠子の興味やスケールは、
男女の恋にとどまらず、もっと広く
世界の政治や経済にも及んでいると思われる。

しかし、「わりなき恋」という、”恋”がテーマである以上
自分の体験や考え方が相当描かれているだろう。

彼女も、「せっかくここまで生きてきたんだから、
と腹を決めて書きました」とインタビューに答えている。

伊奈笙子(主人公)という、
69歳の女性の性の描写も
岸惠子が覚悟して書いたものとして興味深い。

自伝的小説は、元夫や生存している関係者
への配慮が必要であり、限界がある。

それゆえ、自分をモデルとしているように見えるが、
あくまで小説の素材としてである。

しかし、フランスに渡って長く海外生活を送っていた
岸恵子というモンスターアイドルが
半世紀を得て浦島太郎のように日本に帰ってきた。

そして、自叙伝的小説を著したわけだから
当時のオッカケオジサンなら、

ある感動を持ってこの小説の中にもう一度
岸恵子を見たいと思っておられるかもしれない。

ドラマ,アニメ,音楽が楽しめるユーチューブ動画、中国では閲覧不可も!


ユーチューブ動画:尖閣衝突ビデオ A

ユーチューブ動画は、
ドラマやアニメ、音楽などとファンが多い。
しかし中国では閲覧不可!というものもある。


ユーチューブが、3月16日から中国で閲覧不可となったそうです。

先日来、「チベット人の反中国デモ、各地で発生」、との報道が続く中での措置のようです。

前にも中国では、「ヤフーで天安門という言葉を検索しても出てこない」と聞いた事がありますが、今はどうなのでしょうか?

    ・・・・・以下は、【3月17日 AFP】の速報です。・・・・・

中国でユーチューブ閲覧不可チベット騒乱の動画掲載後

中国国内で16日以降、動画投稿サイトユーチューブ(YouTube)」が閲覧できなくなっている。

閲覧が不可能になったのは16日、南西部チベット(Tibet)自治区ラサ(Lhasa)で発生した騒乱の映像が同サイトに掲載され始めた後。

現在は、サイトにアクセスすると白い画面に「このサイトは表示できません」とのメッセージが表示される状態だ。

土豆網Tudou)」など中国系の動画投稿サイトは閲覧が可能だが、チベットに関する映像の検索結果は「0件」と表示される。

騒乱発生以来、中国政府外国人報道関係者のラサ立ち入りを禁じ、旅行者には市街への退去を求めるなど、外部に情報が漏れないよう情報管制にやっきになっている。

これまでラサでの騒乱に関する映像は、チベット人が華人系の店舗を襲撃している国営放送の映像のみで、治安部隊が騒乱を制圧する映像は一切ない。(c)AFP
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考までに、中国の国歌を調べてみました。

そして、アメリカの国歌も・・・。

これらに比べ、日本の国歌、なんて平和なのでしょう。
格闘の後に得たものでないから、平和の大事さ、有り難さに不感症で、最近は、国として機能不全になりかけているように感じるのは私だけでしょうか?


中国国歌            アメリカ国歌
                     
立て、奴隷となるな            見よや 朝の薄明かりに
血と肉もて築かむ             たそがれゆく 美空に浮かぶ
よき国 われらが危機せまりぬ      われらが旗 星条旗を

今こそ 戦うときは来ぬ           弾丸降る 戦いの庭に
立て立て 心合わせ敵にあたらん    頭上を高く ひるがえる
進め進め 進めよや            堂々たる星条旗よ
                       
                    おお われらが旗のあるところ
                        自由と勇気共にあり 
Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。