イルカの自由日記TOP ≫  芸能人・芸能ニュース

芸能人・芸能ニュース

およげたいやきくん 歌詞付き動画

およげたいやきくん 歌詞付き動画

およげ!たいやきくん Oyoge! Taiyaki-kun 子門真人


子門真人さんの「およげたいやきくん」が、30年の時を超えてCD復活しました。
・・・・・以下は「毎日JP2008年3月10日付」からの引用です。・・・・・

およげたいやきくんギネス記録を更新 再発売盤でオリコン32位、31年ぶりの快挙

フジテレビの子供向け番組「ひらけ!ポンキッキ」から誕生した子門真人さんの「およげたいやきくん」の再発売盤(5日発売)が、3月17日付けのオリコン週間シングルランキングで32位に入り、自己の持つシングルレコード売り上げの日本記録を更新。
76年6月21日付けの49位以来、31年9カ月ぶりのベスト50入りを果たした。

およげたいやきくん」は、「ひらけ!ポンキッキ」で放送された曲で、75年に発売されたシングルレコード盤と、92年発売の再発売盤を合わせ約450万枚を売り上げ、「日本で最も売れたシングルレコード」としてギネスブックに公認された。

 3月5日にDVD付きで再発売され、約4000枚を売り上げた。
ランキング入りは99年4月26日付けで74位を記録して以来9年ぶり。


ジェロの「海雪」に想う・・・紅白でも歌ってね♪


ジェロ Jero/海雪(MUSIC VIDEO)

ジェロ黒人演歌歌手、史上初の2週連続オリコントップ5入り 
デビュー曲「海雪」で
、と報じられています。

   ・・・・・以下は、「毎日JP」の記事からです。・・・・・

ジェロさんのデビュー曲「海雪」が史上初の2週連続オリコントップ5入りを果たした。 
4日発表されたオリコン週間ランキング(10日付)によると、黒人演歌歌手のジェロさん(26)のデビューシングル「海雪」が、3.6万枚を売り上げて5位にランクインしたことが明らかになった。
前週の4位に続き、演歌系アーティストのデビューから2週連続のトップ5入りは史上初の快挙。販売総数は累計で7.1万枚を数えている。

 米・ピッツバーグ出身のジェロさんはシングル「海雪」で2月20日にデビューした。演歌系歌手では04年発売の「関ジャニ∞(エイト)」、「浪花いろは節」の5位が最高位だったが、3日付ランキングで史上最高位の4位を記録し、さらにソロ演歌歌手として初のデビュー曲トップ10入りを果たすなど、多くの記録を塗り替えている。【西村綾乃】

そして、ココから先は、少し理屈っぽい話ですので、ご興味のある方だけお付き合いください。

演歌とは、ジェロさんの「海雪」も含め、言うまでもなく「情の世界」を歌ったものです。
そして、「情の世界」の対極にあるのが「理の世界」ですね。

私たち人間は、この「情の世界」と「理の世界」の手綱さばきをどうすれば良いのでしょうか?
「理と情」のバランス、対応の仕方については、古い昔から議論が尽きないようです。

そこで、情と理にまつわる情報を、少し調べてみました。

1)夏目漱石:智に働けば角が立つ、情に棹差せば流される、意地を通せば窮屈だ、とかくこの世は住みにくい・・・」
⇒実務的な解答や見解がどこかにあるかは不明でした。

2)昔のS社(国際的企業)での調査:演歌を好きな人は出世が遅い。
⇒個人的には、演歌の好きな人が出世する社会を期待したいと思いますね。
 例えば、なかんずく「公務」というものには、知能指数より、情緒指数の優れた人が就けるよう、人事採用・配置をすべきだと思うのですが・・・。

3)中国での議論:「情と理」を「義と利」に置き換えてみると・・・。
@「義と利の優先度・重要度」:「義を先にし利を後にする者は栄える」、「義の積み重ねが結果として利益になる」という見方のようです。
⇒常時動乱状態であった中国歴史は、人間学の宝庫といわれ、そこから生まれた見識ゆえに重みがあると言えます。

A「先義後利」:この言葉は、中国の儒学の祖、荀子の言葉に由来しているらしい。
⇒大丸は、この言葉を社是にしているとの事です。又、以前に、金融業界利益率ナンバーワンの優良会社のトップがこのタイトルで本を著していましたね。

4)「情と理」が戦うと「情」が勝つ:人間の言動の動機はすべからく「情」。福田総理の人気が低落傾向にあるのは、「コメントはするが、パッションが伝わってこない」というのも原因の一つのようです。
⇒相手を口説くには、「情」に切り込む事だそうです。
明日からお試しになってはいかがでしょうか?

さて、私たちの「情」と「理」への、あるべきスタンスのまとめですが・・・。

歴代総理の指南番、細木数子さんの師匠ともいわれる、東洋学の泰斗、安岡正篤氏は次のように語っています。
人間は必ずしも知の人でなくて良い。才の人でなくて良い。しかしどこまでも情の人であれ」と。

ジェロさんの「海雪」を聴きながら、私たちが失いつつある「情」について、振り返ってみるのも無駄ではないのでは?

六星占星術の細木数子さん、充電へ

細木数子 六星占星術のCM(携帯サイト)


細木数子さんの人気番組「ズバリ言うわよ!」が、3月いっぱいで終わる事になりました。
細木数子さんご本人からの、「充電したい」との申し出だそうです。
後継番組は、4月から演歌の大御所による歌謡バラエティーで「大御所ジャパン!」(火曜 後9・00)がスタートします。
ズバリ言うわよ!」に出演していたくりぃむしちゅー滝沢秀明は、新番組にも出演するそうです。

次週の番組最終回を前に、一足早くラストを迎えた、先週の「運命のカルテ」コーナー、ご覧になりましたか?

ゲストは五月みどりさん。
白の高価そうな和服で登場した五月みどりさんをジロッと見た、細木数子先生、「ド派手なかっこうで来たわね。私より2つ下だから68才」と先制パンチを繰り出していましたね。

五月みどりさんの波乱万丈の人生が語られていました。
25才年上との初婚に始まる3度の結婚、離婚、熟女ヌード写真集出版、娘との別離と再会、現在の20才年下との同棲に至るまでが明らかにされていましたね。
最初の離婚で子供と別れざるを得なくなり、「何を話しても、涙、涙でしたね」という五月さんに対して細木数子先生が、「辛い思いの原因をつくったのは自分自身だよ」と指摘すると、「でも子供との別れは、センセイは経験ないから」とバッサリ切り替えし、存在感のあるところを見せていましたね。

途中で、くりぃむしちゅーの顔色もハッキリ変わるような緊張感ある内容でした。
70歳と68歳だそうですが、お二人とも、一般人と比べると顔だけでなく本当に若いですね。
こんな個性的な番組がなくなるのは、少し寂しい気がします。
Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。