イルカの自由日記TOP ≫  伊勢志摩サミット

伊勢志摩サミット

志摩観光ホテル、2館体制へ強化

志摩観光ホテルで伊勢エビスープを食べています
志摩観光ホテル、10月に現存ホテルと新ホテルの2館体制での営業へ [トラベルビジョン:2008/04/09]

 近鉄ホテルシステムズが運営する志摩観光ホテルは10月10日、「志摩観光ホテル・クラシック」に名称を変更し、同敷地内に建設中の新ホテル「志摩観光ホテル・ベイスイート」と2館体制で営業を開始する。「志摩観光ホテル・ベイスイート」は地上5階、地下1階建てで、全50室の客室がスイートルームとなる。全室、およびレストランから伊勢志摩国立公園の「英虞湾」を眺望でき、屋上庭園、スパを備える。料金は1泊2食付きで2名1室利用の場合、1人5万円から。宿泊予約は専用ダイヤルを設けて受付けている。

 近鉄ホテルシステムズでは、新ホテルを「進化」、現存ホテルを「深化」と表現。新しい魅力と伝統のそれぞれのよさを活かす形で選択肢を増やし、利用者の増加をはかる。


赤福.営業再開.長蛇の列!


赤福餅の唄(CMソング)

赤福が四ヶ月ぶりに営業を再開しました。
赤福の人気は健在で、一万箱以上を売り切って多数のお客様を残したまま、再開初日の営業を終了たそうです。

赤福は、伊勢神宮の入り口近くの「おかげ横丁」にありますが、その「おかげ横丁」は、赤福が中心になって開発したもので、再開発の成功例として、全国的にも有名になりました。

   ・・・・・・・以下は、今日の読売新聞からです。・・・・・・・・
  
       「赤福営業再開、地元客ら長蛇の列」

販売が再開された「赤福餅」を求めて長い行列を作る人たち 営業を再開した老舗和菓子メーカー「赤福」の伊勢市の直営店では6日、買い求める人が長蛇の列を作り、開店から8時間余りで売り切って、好調な滑り出しを見せた。

地元からは、他店舗での早期の再開などを期待する声が上がったが、観光客の中には「まだ信用できない」と、購入に抵抗感を持つ人の姿も見られた。

 「赤福餅(もち)」の販売再開に、野呂昭彦知事は「今回の問題で、赤福は多くの人の期待を裏切った」としたうえで、ファンが殺到したことについて「再生してほしいとの期待と応援で、ああいう状況になったのだろう。期待に応えて、立派に再起を果たしてほしい」と述べた。

 伊勢市では、赤福の資金援助を得て、市内の県営サンアリーナ周辺にサッカーコート7面を建設するフットボールヴィレッジ構想を進めているが、偽装問題で計画の遅れを余儀なくされている。

 森下隆生市長はこの日、市役所で記者会見し、「歴史が培ってきた伝統の技に、新時代の管理体制が加わっての再出発だと受け止めている。消費者の要望に応えてほしい」と語った。しかし、フットボールヴィレッジ構想については、これまで同様に「新たなスポンサーも含め、早く進展できるように動いていきたい」と述べるにとどまった。

 伊勢商工会議所の広瀬寿会頭は「今後は他の店舗も1日も早く再開を」と喜び、近鉄・宇治山田駅前などで料理店を経営する伊勢市観光協会の坂田巧会長は「伊勢にとって何か欠けた感じが続いていた。これからは堅実にやってほしい」と注文をつけた。

 おはらい町で酒店を経営する岡田敏夫さん(79)は「赤福があるのとないのとでは、町のにぎわいも全然違う。同じようなことが繰り返されないよう、会社の今後の取り組みに期待している」と話した。

 また、「販売再開を待っていた」と歓迎する顧客がいる一方で、「消費者をだましてきた」として、あえて買わないという人もいた。

(2008年2月7日 読売新聞)
Copyright (C) イルカの自由日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。